あなたの大切な健康生活をお手伝いします

公益財団法人 佐賀県健康づくり財団

佐賀県健診・検査センター

〒840-0054 佐賀県佐賀市水ヶ江一丁目12番10号
佐賀メディカルセンタービル内

  • 施設健診
    TEL
    0952-37-3313
    FAX
    0952-37-3063
  • 巡回健診
    TEL
    0952-37-3304
    FAX
    0952-37-3061
  • 検査部
    TEL
    0952-37-3302
    FAX
    0952-37-3062
  • 代表(総務部)
    TEL
    0952-37-3301
    FAX
    0952-37-3061
電話受付時間/8:30〜17:00(土日祭日を除く)

 検体検査を主体として、尿・糞便等検査、血液学的検査、生化学的検査、免疫学的検査、輸血検査、微生物学的検査、病理学的検査を「精度保証された検査結果を正確、迅速、確実」をモットーに実施しています。
  

受付写真

 

生化学検査

生化学検査は、血液中の生化学成分(酵素・たんぱく質・脂質・糖質・電解質など)の定量分析を行っています。
大型多項目自動分析装置を用いて約40項目の検査を同時に行い、緊急検査ご依頼に対しては検体到着後1時間以内に結果報告ができるように対応しています。

主な検査業務

肝臓・胆管検査

糖代謝機能検査

膵機能検査

電解質検査

脂質代謝検査

腎機能検査

<主な測定装置>


生化学自動分析装置
LABOSPECT 008


検体前処理システム
LabFLEX3500


ヘモグロビンA1c測定(HPLC)装置
アダムスA1c HA-8181
アダムスA1c HA-8180V

 

免疫血清検査

免疫血清検査は、自動免疫検査機器アーキテクトi2000SR、ケンタウルスXPT、イムライト2000XPiにて、B型肝炎ウイルス検査を始めとする感染症検査や腫瘍マーカー、アレルギー検査等、様々な検査を行っています。
また、輸血関連検査でも自動機器を導入し、迅速かつ高精度な検査結果をご報告しています。

  <主な検査>

感染症検査

肝炎ウイルス検査

腫瘍マーカー

甲状腺関連検査

アレルギー検査

薬物検査

血液型・輸血関連検査

自己免疫(抗核抗体)

<主な測定装置>

 

化学発光免疫測定装置

ARCHITECT i2000SR

 
化学発光免疫測定装置

ADVIA Centaur XPT

 

 化学発光酵素免疫測定装置

LUMIPULSE G1200

 


化学発光酵素免疫測定装置

IMMULITE 2000 Xpi


輸血検査

Auto Vue Innova


赤外分光分析装置
POCone

 

 

血液・一般検査

血液、尿、便、体腔液(胸水、腹水など)を当日中に検査し、翌日、各医療機関に報告しています。緊急検査ご依頼に対しては、検体到着後1時間以内に結果報告ができるように対応しています。また、健診受診者の検査も行なっています。

 

 

主な検査業務

血液検査

尿検査

便検査

その他

 

<主な測定装置>

 

多項目自動血球分析装置

XN 3100

 

全自動血液凝固測定装置

CS-1600

 

全自動尿分析装置

US-3100R plus

 

佐賀県医師会会員の先生方へ

データフォローサービスのご案内

血算値(白血球数、赤血球数、血小板数)の精度管理を実施しています。 
同一検体で貴施設の測定値と当施設の測定値の差を算出いたしますので内部精度管理としてご利用ください。

 

データ記入表見本 報告書見本

 

※クリックすると拡大表示できます。

尿検査

試験紙を用いた尿中一般物質定性検査や、顕微鏡で観察する尿沈渣を行っています。
慢性腎臓病(CKD)の早期発見には、尿検査は重要な手がかりとなります。

 

尿中一般物質定性検査

 

尿沈渣

 

便検査

大腸スクリーニングに用いられる便潜血反応検査を行っています。

便中ヘモグロビン検査

 

細菌検査

 細菌検査では、一般細菌や抗酸菌の塗抹鏡検、培養同定、薬剤感受性検査を行っています。抗菌剤使用選択にあたり迅速な報告を目指しております。また届出等必要な病原菌が検出された場合も御連絡して報告しております。

 他に、検便検査(腸内細菌検査)の検診等も行っています。

 

 

 

 

 

血液培養自動分析装置

バクテアラート 3D

 

微生物分類同定・感受性分析装置

バイテック2ブルー

 

遺伝子検査(感染症)

 

LAMP法

PCR法

 

汎用性分光光度分析装置

Loopamp EXZA

 

Gene X pereシステム

 

リアルタイムPCRシステム

病原菌検出状況報告書について

統計システムとして   

・診療科別菌出現数
・病棟別菌出現数
・材料別菌出現数         
・院内感染検出状況
・感受性検査カテゴリ集計
   

   以上の種類の報告書があります。院内感染対策としてご利用ください。  

 

病理・細胞診検査

 病理・細胞診は、病理組織検査細胞診検査などの病理学的検査を行っています。

 認定細胞検査士を含む技師が日々の検査に従事しており、病理専門医や細胞診専門医による的確な診断結果をお届けしています。

 

LBC機器

 

染色装置

 

顕微鏡

 

病理組織検査、細胞診検査って何?

  • 病理組織検査とは、臓器や組織を顕微鏡レベルで観察し、病気(疾患)の診断や原因(病因)の究明を目的とします。
    診断結果により、臨床における今後の治療方針が決定されます。
  • 細胞診検査とは異なり組織ではなく細胞1つ1つを観察します。
    検査材料は、婦人科・腹水・胸水・尿・喀痰などとなります。
  • 子宮がん検診や肺がん検診でも細胞診検査が実施されています。
    また子宮頸がん検診においては、LBC機器を用いた標本作成を行っています。